通算0勝1敗、珍名力士・育盛物語。

式秀部屋(しきひでべや)
茨城県龍ヶ崎市に元前頭9枚目・北桜が師匠を務めるこの部屋には、キラキラ四股名や珍名力士が多く所属していることでも、よく知られている。

その中の一人に残念ながら現役は引退してしまったが、目に頭に記憶に焼き付いて離れない珍名力士が土俵を去って8年以上の時間が過ぎたことを思い知らされた。

「育盛」(そだちざかり)

本名 田井雅人。

小学校から高校生の間に不登校を経験。

高校時代はソフトテニス部に所属していたらしい。

2014年7月場所の新弟子検査で合格基準の体重67㎏に4㎏足りず、おにぎり4個・うどん2杯を食べ、水3リットルをやっとの思いで飲み干し、どうにか検査をパスしたというエピソードの持ち主。

前相撲の2番はともに黒星に終わったが、驚くべきはその所要時間。

一番相撲が1秒二番相撲が2秒

と記録が残っている。

動画を見つけた。

見よ、この衝撃的な負けっぷりを⇊

取組直後のニヒルな笑みは何を意味する。

そして初土俵を迎えた翌9月場所初日の前日、式秀親方が引退届を提出し、受理されて、通算成績0勝1敗で土俵を去った。

育盛の父親曰く、「体力の限界だったということ。8月までは元気でやっていたが、9月になって疲れが一挙に出てしまったのか、体調を崩し、枚方の実家に一度戻り家族会議を重ねた結果、引退という結論になった」

70㎏あった体重が58㎏まで瘦せた。やはり、相応の心労があったのか。

最後は、家族に説得された形での引退になったようである。

その後、双極性障害という精神疾患を患い3度の入院。この病は2014年10月頃の発症らしいので、現役引退後の話になる。

2021年9月には大学を卒業。

アルバイトをしながら、将来の道を模索する現在だとか。

2ヶ月の力士生活であっても、新弟子検査・体重合格を目指した苦しい思い出や、珍名であるがゆえに、世間からの注目を浴びながら一瞬で吹き飛ばされた相撲、毎日の朝稽古の鍛錬も、それは厳しくつらいものであったろう。

そういった経験も、いずれ心の良薬・財産に変わる時がきっと来る。

人気の相撲土産(チョコレート)です↓↓↓


 


正代の大関昇進披露祝賀会は是か非か

 大関というには、ここまであまりにふさわしくない成績が続いている、正代。

その大関昇進披露祝賀会が、八角理事長や部屋後援会関係者など、なんと約400名もの出席者を集め、盛大に行われたようだ。

昨今の時代背景(コロナ禍)もあるが、果たしてこの祝賀パーティーは是か否か。

先場所までの大関在位成績が


在位12場所
大関成績89勝81敗10休
大関勝率55.5%
というありさま。

wikipediaより引用

いつ頃から頭角を現したっけな?との思いで成績を振り返ってみると、2019年九州場所で、西前頭10枚目で11勝4敗・敢闘賞受賞の場所から、大関昇進へ向けて覚醒したようだ。

昇進後、2ケタ勝利は2回(2021年初場所11勝・今年名古屋場所10勝)のみ。
8勝・9勝と1ケタの勝ち星が5回。

負け越し4回。
休場歴も新大関で迎えた2020年11月場所だけ(途中休場)

迎える九州場所、5度目のカド番。

照ノ富士のようなひざに爆弾を抱えている訳でもない。

アマチュアの実績に、身長182㎝・体重165㎏の立派な体格は、まだまだ秘めた潜在能力が眠ってるようにしか思えてならない。

~結論~
①コロナ禍
②大関昇進以降の振るわない成績
③大関在位12場所の時間経過

以上の理由で、主観だけで言うには、8・2で私は非と見た。

しょーだーい!!↓↓↓

二子山部屋のマイケル

 元大関・雅山の二子山部屋に「舞蹴(まいける)」という力士がいる。

BS中継で幕下以下の勝敗結果を伝えられる時に、「あぁ、そういう四股名の力士がいるんだな」と記憶の片隅にあったので、調べてみた。

舞蹴 修樹(まいける しゅうき)

1998年7月15日 福井県福井市出身の24歳。 
学生相撲経験者の父とフィリピン出身の母の間に生まれる。
「マイケル・ジャクソンやマイケル・ジョーダンのように有名になってほしい」という母の願いが込められた名前だ。

小学校入学時点で身長140センチ・体重50キロの体格があり、家族の勧めで、地元の相撲教室に通うことになった。

福井農林高時代には、3年時に金沢大会で3位に入った実績を持つ。
この頃に元大関・雅山の二子山親方にスカウトされたとか。

プロデビュー後、6場所連続勝ち越し、幕下まで所要10場所と順調に出世を続けた。

2019年頃にはケガもあり、本来の相撲が取りきれない時期もあったようだ。

現時点での直近の星取となる、令和4年秋場所は東三段目5枚目で4勝3敗。

「舞って蹴る。足技で勝ったら絶対盛り上がると思う」と抱負を語っている。

元小結・大徹(湊川親方)以来、関取不在が32年続く福井県に再び相撲の灯りがさしてほしい。

力士数減に苦しむ錦戸部屋に入門希望者が。

今年に入り、幕下若ノ湖、元十両の極心道が相次ぐ引退で力士数が一人(水戸龍)+去年九州場所から4場所連続休場、現在番付外の富士泉のみになってしまった元関脇・水戸泉の錦戸部屋に一筋の光が・・・。

静岡県掛川市在住の中学3年生・中村謙信さんが、来春卒業後に錦戸部屋への入門が決まったそうだ。

小学校の頃から「将来は相撲取り」と心に秘め、小学1年生の頃から9年間柔道に取り組み、格闘技経験を育んできた。

現在の身長が165センチ・体重88キロ。

苦境続く部屋に15歳で角界入りを決意した若者は、更なる明るい光をもたらせるか✨

頑張ってほしい!

水戸泉という名のお酒で一杯↓↓↓

安美錦甥とモンゴルの強豪など、九州場所新弟子検査!!

 九州場所の新弟子検査は、18日、両国国技館で行われ、受験した10人全員が身長167㎝・体重67㎏の体格基準に満たし、内臓検査の結果を待ち、初日に合格者が発表される。

主な面々を紹介する。

安美錦の甥と関脇・豊昇龍、十両・欧勝馬と同じ飛行機で来日のモンゴル強豪 !

安治川親方(元・関脇・安美錦)の甥で青森・五所川原農林高3年の桜庭燎は、伯父が部屋付き親方を勤める伊勢ケ濱部屋から受験。身長174㎝・体重93㎏と小柄な体格。
「この体型で通用していけるか不安です」と弱気な発言もあったようだが、小4から相撲を始め、鯵ケ沢中2年時に全国中学生大会軽量級(75キロ未満)ベスト8。さらに五所川原農林高3年時に東北大会100キロ級準優勝など、アマチュアでも実績をあげている。

目標を問われ「1年で三段目の上まで行きたい。関取にはできるだけ早めになりたい」と伯父譲りの垂れ目で語った。

ラグチャー・ジャミントクトホは、日体大柏高の出身で豊昇龍、欧勝馬と同学年。
15年春にモンゴルから同じ飛行機で来日。高校卒業後は拓殖大に進学。
半年間の高砂部屋での研修期間を経て、新弟子検査を受検したそうだ。
こちらは体格基準を身長181㎝・体重146㎏と堂々たる数値でクリア。

元大関朝乃山ら、部屋の若い衆と稽古を重ねる毎日である。

埼玉栄高校から4人入門

今年の高校総体団体戦準優勝メンバーの岡根颯良と根岸康介の2人は、元大関・豪栄道の武隈部屋に入門。

全国選抜大会16強の三浦光太郎は、元関脇・豪風の押尾川部屋へ、

今年の関東大会団体戦優勝メンバーである鶴叶 翔は藤島部屋(元大関・武双山)へ。
7月には根岸康介らと行方不明の小学生を保護して警察に送り届け、感謝状を受け取ったというエピソードの持ち主である。

放駒部屋には元球児が入門

鳥山優太郎は野球推薦で入学した名商大を中退して放駒部屋に入門。
元PL学園野球部監督で、名商大野球部の中村順司元総監督から指導を受けたことがあるという19歳。名古屋場所をマス席で観戦後、放駒部屋に体験入門。入門を決意した異色の新弟子もいる。

アマチュア経験者は実績を武器に将来の関取の座をつかめるか。
相撲未経験者が、稽古に精進し成功を収めることができるか。

来たる九州場所に楽しみな人材が、検査合格を待ちわびている。