3代・朝潮の人物像

 3代・朝潮太郎。
現在の高砂から数えて3人ほど前の高砂(5代)であり、元横綱である(46代)
今日の投稿は親方としての3代・朝潮にスポットを当てる。怖くて厳しい親方だったらしいが一方で人情味あふれる数々のエピソードを紹介する。

4代・朝潮(長岡)編

・なかなか思うように大関昇進基準の星を挙げられず、大関獲りまで時間のかかった朝潮(長岡)に対して「朝潮という四股名をやったのは大失敗。黒潮にしておけばよかった」と嘆いたが、その末に昇進を果たした。
・大関昇進後も5代高砂(元横綱・朝潮)から稽古中に当たり前のように竹刀で叩かれていた。

双羽黒=北尾光司編

・この3代・朝潮の葬儀には廃業していた双羽黒が出席した。双羽黒が(事実上の)破門された経緯からこの出来事は意外だが、双羽黒曰く「事件の際、今迄お世話になった高砂親方に大変迷惑を掛けてしまい、深く責任を感じていた」とのことである。

小錦 八十吉編

3代・朝潮が死去した際、弟子の小錦は「みんなは俺のことをガイジン、ガイジンって言ったけど、親方は言わなかった。俺も体を切ったら赤い血が出る。お前も赤い血が出る。おんなじだよと言ってくれた」と泣いていた。

3代・朝潮太郎
総じて言えば、相撲・稽古には人一倍厳しく、とっても優しくて寛大な器の大きい方だったのか。ユーモアが利いて。
愛称(ニックネーム)のひとつとして「ケガニ」とあった。

1950年代が蘇ります↓↓↓

積み重ねよう、大栄翔!! (9月場所を振り返る)

 9月秋場所の大栄翔の番付は「東関脇」
取り巻く状況としては、7月場所後の夏巡業中、名古屋場所13日目の若元春戦で叩き込みに敗れた際に胸を土俵上に強打して肋骨を骨折していたことを明かした。後から振り返れば、その翌日の阿武咲戦の立ち合い一瞬の叩き込みも、一刻も早く勝負を決め、余計で無駄なダメージ・消耗を避けたいという意図には合点がいった。最終成績9勝6敗で終えた訳だが、迎えた9月場所は…。

序盤戦(最初の6日間)で見るなら、正代と北勝富士戦は大栄翔の相撲を取り切っていた(2勝)初日の明生には立ち合いすぐに叩かれ、3日目阿炎戦はもろ手突きから即刻押し出された。5日目6日目の対隆の勝、宇良戦は自ら引いてしまい墓穴を掘る結果に。
この時点で2勝4敗。肋骨骨折の弊害は大きいのかなと思っていた。

しかし、何かが吹っ切れたのか翌7日目から8連勝。相撲内容も伴ってきた(特に9日目以降)7日目・琴ノ若、9日目・若元春との「関脇決戦」では大栄翔主導での相撲を取ることができ、関脇の先輩としての矜持を見せた。
個人的に目に焼き付いているのが、13日目の新鋭・豪ノ山との激しい突き押し相撲と翌14日目、大関霧島との(決着時の)アクロバットな小手投げである。

順を追って紹介する。
13日目・豪ノ山戦

豪ノ山もただでは引き下がらない。三役(関脇)に対して堂々と張ってみせた。しかし勝負は大栄翔。最後は手玉に取ってみせた。

14日目・霧島戦

霧島があてがいながら突き返す。もろ差しになった霧島に大栄翔は外四つ、極める体勢(絶望的な体勢)から大関を腹にのせるようにして右からの小手投げを鮮やかに決めてみせた。

千秋楽・貴景勝戦は力負けするような感じで、送り出しに敗れ大栄翔の秋場所は終わった。

10勝5敗、大栄翔を含めた3関脇の中では1番の勝ち星・成績を上げ、来場所も今場所同様に「東関脇」に番付されること間違いなし。

優勝と大関を掴むには何が足りないのかな。
言うまでもないが、日々の稽古と自己調整(メンテナンス)を怠ることなく来場所に臨もう。来場所(九州場所)直前の11月10日に30歳を迎える。

大栄翔勇人、力士人生のクライマックスはこれから起こるのだ。

いつも手元に↓↓↓

豪ノ山 清く正しく逞しく

 幕内2場所目・今場所東幕頭5枚目の豪ノ山(武隈)は9勝6敗の活躍を見せた。
激しい突き押しに張られたら張り返す(先輩力士であろうと)闘志をむき出しにして戦うそのスタイルに私はすっかり心を奪われた。秋場所を振り返る。

豪ノ山の良さって何だろう。
立ち合いから激しい突っ張りを浴びせ、電車道で決める明白で痛快な相撲。
土俵際まで追い詰められたり流れが悪く劣勢になっても、土俵を割ったり簡単に諦めることなく、持ち堪えて巻き返し、逆転勝利を手にすることもあった。
ゆえにメンタルとフィジカルの強さ、それを支える豊富な稽古量・日々の鍛錬が裏付けられると思う。
場所前に武隈部屋が所在する「雪が谷大塚」を題材にしたテレビ番組があり、豪ノ山の稽古模様が紹介された。その時に、かなりのキロ数がありそうなタイヤを使ったトレーニングが映し出されていた。以前からずっと続けているようなので耐久力もついてきたのではないか。
この秋場所もその訓練の賜物だなと当てはまる取組として、湘南乃海戦・竜電戦・(負けたけど)大栄翔戦など見ていてそう思った。

(要するに)簡単に落ちない・手をつかない・押し返す・寄り返す力 豪ノ山にはこれがある。

今場所対三役には1勝(翔猿)3敗(貴景勝・豊昇龍・大栄翔)で終わった。
来場所は三役陣に一泡ふかせるぐらいの思い切った相撲っぷりを見せてほしい。

11月の九州場所は、番付2~3枚の上昇があるか。

豪ノ山 登輝(ごうのやま とうき) この四股名と本名の登輝と掛け合わせて「強く山を登って輝く」という意味・願いが込められているそうだ。

次の九州場所まで、どれだけの進化を成し遂げることができるのか。

強烈な突き押し(時には張り手)を武器に、25歳の若侍が更なる強い山を登って輝いてほしい。

来場所も期待してるぞー!↓↓↓

横綱に勝つということ 感涙にむせぶ琴勇輝

 現在の「荒磯親方」こと元関脇・琴勇輝。彼もまた人情味あふれる力士だった。
気っ風の良さを現すかのような突き押し一本の相撲。
立ち合い不成立時の深く丁寧な一礼は、先日に投稿した豊真将を彷彿とさせる。

香川県小豆郡小豆島町出身。
高校を1年で中退。かつて見学したことのある佐渡ヶ嶽部屋に入門する。
新弟子時代から稽古熱心さに定評があり、出世は早かった。序ノ口は1場所、序二段と三段目は各2場所で通過。幕下通過は多少時間を要して13場所。
2011年9月場所で念願の新十両昇進を果たす。そこからじわじわと番付を更に上げた。

琴勇輝のピーク・キャリアハイは2016年にある。唯一の三賞受賞と金星獲得、最高位の関脇に登り詰めたのは、この2016年だ。
初金星を挙げた感涙にむせぶ姿が目に焼き付いて離れない。この年の春場所3日目の日馬富士戦である。「ホゥッ!」付きでどうぞ!

相撲は見事!文句無し!
そのあとの勝ち名乗り(懸賞金受け取り)・土俵下でのふるまい・殊勲インタビュー(お世話になった人たちへの感謝の言葉)・(偶然にもこの日の正面解説だった)師匠・佐渡ヶ嶽親方からの労いの言葉、この一連の情景は本当に感動した。毎日500回の腕立て伏せと鉄砲を欠かさず継続してきた努力の結晶だった。

この2016年を境に足(特に膝)のケガに苦しむ。十両へ陥落する度に幕内へ這い上がってきたが、2021年3月場所限りで引退。

断髪式後「初心に戻りたい」「ここでリセットして新しい幕開け」との理由で丸刈りにしたエピソードは有名。
中学時代の学業の優秀さも手伝ってるのか、解説が上手くて明瞭であることも知られる。

私自身香川県(高松)に転勤を経験した過去があり、勝手に親近感を覚え、贔屓に(推し)にしていた力士だった。親方としての今後ももちろん応援している。

「ホゥッ!!」↓↓↓

埼玉栄高校出身の秋場所期待力士

今日学べ(こんにちまなべ)
「人は誰でも努力と勉強次第でその道の第一人者になれる。」これを日々の教育で実践するため定められた校訓です。「勉強も仕事も、今日のことは今日やる。明日に甘えることなく1日24時間を有効に使い、意義ある人生を送り、二度ない青春を大切にし、感謝する心で日々努力する知能と精神を養う」

相撲部のある名門高校のひとつ、埼玉栄高校の校訓である。

この校訓、人生訓としても応用することができ、分かりやすく平易な言葉であるが、だからこそ困難であり、継続して成し遂げれば大きなものを勝ち得るのではないか。

大関・貴景勝を始め、何人もの力士・関取がこの学校・相撲部で汗を流し、栄光を掴んだ。
本場所中は、多くの関取がこのオレンジ色の化粧廻しを締め、土俵を回る。

~筆者が期待(応援する)2力士~

豪ノ山 登輝 (武隈)
武将山 虎太郎(藤島)

この埼玉栄高校出身2力士に共通しているもの
・20代(若さと負けん気)
・新鋭(武将山は少し外れるかな)
・けれん味のない(徹底した)突き押し相撲

豪ノ山、幕内上位に殴り込みをかけられるか!
武将山、十両で再び逞しさを培ってほしい!

旋風を巻き起こせ!↓↓↓