玉鷲、一瞬の隙をつかれ2敗へ後退。12日目

 優勝争いが混迷を極めている。12日目を迎えた今日も、星の潰し合いや異変があった。

1敗でトップをひた走る玉鷲、今日は若元春と。
立ち合い、右ののど輪玉鷲に若元春も左前回し、一瞬引きを見せたところを(玉鷲)、一気に寄り切り若元春の勝ち。やはり優勝争いのプレッシャーを感じつつあるのか、硬くなったように見えた。昨日の落ち着いた感じとは真逆な感じ。若元春は会心の一番だった。
玉鷲、13日目は錦富士と。

2敗の北勝富士は大関貴景勝戦。
なんと貴景勝が左に変化。一瞬で勝負が決まった(はたき込みで貴景勝)
「大関」の肩書きを背負った力士のこの立ち合いの変化に、賛否両論いろいろな意見が出ると思う。
この一番の結論は、(貴景勝が)変化をしてでも勝ちに徹した。
良し悪しは別。
ただ大関なんだから、正面から受け止め力の差を見せてほしかった。

髙安が勝利への執念を見せつけた。
3連敗のあと8連勝、優勝争いを揺るがす若隆景が相手。
立ち合い、かち上げを見せた髙安が突き放す、突き放す、突き放してからの引き落とし決まる。
3敗同士の取組、初の優勝賜杯へ向けて、髙安の並々ならぬ熱い思いが伝わってきた。
明日の髙安、霧馬山と。 若隆景は結びで貴景勝戦が組まれている。

翔猿‐錦富士との一番は、
翔猿の激しい突き押しに錦富士が耐えられなくなってしまったのか、叩きに出るところを押し出した。
今場所の翔猿は、相撲の幅が広がってきているように見える。
自分の体格を軸に、相手との相撲展開をどうしたらいい状況に持ち込めるか、これを考え、即実行に移しているのか(勿論、うまくいかない時もあるだろうが)いよいよポテンシャルも少しずつ開花しつつあると思いたい。これからも楽しみな存在である。
13日目は北勝富士戦。3敗に後退した錦富士は玉鷲と。
どちらも楽しみな取組である。

正代は今日も黒星10敗目。
正代がもろ差しになるも、豊昇龍、右からの豪快で見事な首投げが決まり、大関が一回転するような形で負けた。
豊昇龍の馬力と下半身の強さを感じた。

12日目が終わった幕内
2敗 玉鷲
3敗 翔猿・髙安・北勝富士・錦富士
と続いている。

十両は、
栃武蔵と輝の優勝争いに絡む一戦から、
立ち合い、いい位置に左廻しを取り、そのまま送り出して栃武蔵。
東白龍が北青鵬に立ち合いから突っ張り、攻め続け北青鵬を押し倒し、勝ち越し。
北青鵬は4敗に後退。
熱海富士、今日は大奄美に勝ち越しを阻まれ5敗目。

十両の優勝争い
2敗 栃武蔵
4敗 東白龍・輝・北青鵬 
となっており、栃武蔵が星一つリードしている。

因みに今日の朝乃山は「や」であった。
あしからず。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言