通算0勝1敗、珍名力士・育盛物語。

式秀部屋(しきひでべや)
茨城県龍ヶ崎市に元前頭9枚目・北桜が師匠を務めるこの部屋には、キラキラ四股名や珍名力士が多く所属していることでも、よく知られている。

その中の一人に残念ながら現役は引退してしまったが、目に頭に記憶に焼き付いて離れない珍名力士が土俵を去って8年以上の時間が過ぎたことを思い知らされた。

「育盛」(そだちざかり)

本名 田井雅人。

小学校から高校生の間に不登校を経験。

高校時代はソフトテニス部に所属していたらしい。

2014年7月場所の新弟子検査で合格基準の体重67㎏に4㎏足りず、おにぎり4個・うどん2杯を食べ、水3リットルをやっとの思いで飲み干し、どうにか検査をパスしたというエピソードの持ち主。

前相撲の2番はともに黒星に終わったが、驚くべきはその所要時間。

一番相撲が1秒二番相撲が2秒

と記録が残っている。

動画を見つけた。

見よ、この衝撃的な負けっぷりを⇊

取組直後のニヒルな笑みは何を意味する。

そして初土俵を迎えた翌9月場所初日の前日、式秀親方が引退届を提出し、受理されて、通算成績0勝1敗で土俵を去った。

育盛の父親曰く、「体力の限界だったということ。8月までは元気でやっていたが、9月になって疲れが一挙に出てしまったのか、体調を崩し、枚方の実家に一度戻り家族会議を重ねた結果、引退という結論になった」

70㎏あった体重が58㎏まで瘦せた。やはり、相応の心労があったのか。

最後は、家族に説得された形での引退になったようである。

その後、双極性障害という精神疾患を患い3度の入院。この病は2014年10月頃の発症らしいので、現役引退後の話になる。

2021年9月には大学を卒業。

アルバイトをしながら、将来の道を模索する現在だとか。

2ヶ月の力士生活であっても、新弟子検査・体重合格を目指した苦しい思い出や、珍名であるがゆえに、世間からの注目を浴びながら一瞬で吹き飛ばされた相撲、毎日の朝稽古の鍛錬も、それは厳しくつらいものであったろう。

そういった経験も、いずれ心の良薬・財産に変わる時がきっと来る。

人気の相撲土産(チョコレート)です↓↓↓


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言