豊昇龍、5連勝と引き替えに 九州場所5日目

 全勝守れるか、豊昇龍。
今日は豪ノ山相手に序盤戦5連勝を賭ける。
取組は豪ノ山が強いのど輪で豊昇龍をのけぞらせるも(豊昇龍に)あてがわれたその直後に引いてしまい、押し出して豊昇龍の勝ち。散々焦らされた上で立ち合い成立したこの一番。
(悪癖とも言える・豪ノ山)引きが出てしまった。
80秒も待たされてしまったが、相撲だけ取ってみると、豪ノ山が自ら墓穴を掘ったか。
いい展開だったのになぁ。

今日の熱海富士。
琴恵光相手に立ち合いすぐの左上手。じっくりと勝機を伺う。琴恵光も打開を試みて右からの下手投げを打つも局面を変えられない。熱海富士、上手離さずしっかりと引きつけて寄り切り5連勝。明日は佐田の海。今日も慌てることなく丁寧に寄り切ってみせた。

一山本の調子・序盤戦の出だしが良い。
今日は十両優勝を飾った先場所(13勝2敗)に黒星を付けられた北の若(八角・イケメン)との対戦。
低い当たりから、腰を落としながら万全の体勢で押し出した。
2場所十両に降格していたが今場所ここまで非常に良い。
押し相撲からの積極的な相撲を見せて、序盤戦負け知らずの5連勝。明日は錦富士。

十両から大の里・玉正鳳。
昨日の不戦勝を含め、運も味方につけてつけたか大の里。
先場所の不調を払拭するかのように好調な滑り出しを見せている玉正鳳。
玉正鳳の立ち合い、気持ち左にずれたか左上手を取った。大の里、委細構わず圧力のみで寄って出ていくも、玉正鳳この左から(頭・首の辺りを抑えながら)上手投げ!大の里は初黒星を喫した。


初日の獅司戦でも見られたが、大の里って十分に廻しを引いてなくても、圧力だけで(勝負を)決めてしまう向きがあるのかなぁ。今日はそれが裏目に出た。足腰のいい萬平ですからね。

さてと。
あの長すぎる立ち合いは、何の作戦でしょうか。
何を意味するのでしょうか。
個人的ななんか恨みつらみでもあるのでしょうか。
あの土俵態度はとても「大関」とは言えませんね。
ああいうやり方を用いることによって、出る杭は打つ的な「威嚇」なのか。
豪ノ山は(悪く言えば)相撲が荒っぽいと言えば荒っぽいが、潔い力士ですしね。
大関の立ち合いの「焦らし」は今に始まったことではありません。
取組直後と勝ち名乗りを受けながらしばらく睨みつけてましたし。
処分を科してもいいのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言