豊昇龍、一歩リードも予断を許さない・11日目

11日目を迎えた九州場所も優勝争いに活況を呈してきた。
星の潰し合いあり、有利と思われてた力士が負けたりと、悲喜こもごもの幕内土俵から今日もお伝えする。

まずは、2敗同士の取組となった髙安‐錦富士戦。
かちあげから左四つの髙安、また突っ張る。腰を落としながら丁寧に押し出して、髙安が2敗守り、錦富士3敗へ。

1敗力士2人のうち1人の王鵬、今日は阿炎との一番。
阿炎ののど輪から胸の辺りへの突っ張りをまともに受けた王鵬は、受けるばかり下がるばかりで阿炎の快勝!王鵬、全てが後手後手だった。
王鵬、明日は豊昇龍と。阿炎は若隆景といずれも好取組が組まれている。

1敗で単独トップの豊昇龍、大関復帰の可能性が潰えた御嶽海戦。
豊昇龍、左上手がっちり、万全の寄り切り。
危なげなし、充実極まる!

かど番大関、いばらの道続く大関・正代、こちらは大関昇進への足固めをしたい若隆景との取組。
若隆景低く鋭い当たり、左差しからもろ差しとなった正代が体格差を生かし、30㎏重い圧力かけて寄り切り。正代も掴みどころがない力士だ。勝てると思った一番を落とし、分が悪いと感じた力士に突如勝ったりする。あすの正代、霧馬山と。

5勝5敗同士の翔猿‐翠富士。
小兵同士、激しく動き回る。右が入った翠富士のすくい投げ決まった。
翠富士6勝5敗、翔猿5勝6敗。
明日の対戦相手、翠富士は大栄翔、翔猿は若元春。

貴景勝、北勝富士を2度突き放した後のはたき込み決まり、勝ち越し。
先場所優勝の玉鷲、錦木に押し出しで敗れ、負け越し。
霧馬山が竜電を外掛け。1分31秒の長い相撲。
新入幕・熱海富士、元大関・栃ノ心にはたき込みで敗戦。残念にも負け越し。

幕内優勝争いは
1敗 豊昇龍
2敗 髙安・王鵬
3敗 貴景勝・錦富士・阿炎・輝
となっている。

~十両は2敗同士の激突があった~

その剣翔‐天空海戦。
天空海の叩き決まらず左四つから寄る、盛り返す剣翔、横に着いた天空海が押し出して勝ち。
単独トップに立った天空海、明日欧勝馬と。3敗の剣翔、明日豊山と発表になっている。

今場所も100㎏を切る体重で土俵を沸かす炎鵬は、東の筆頭、東白龍との対決。
浅いもろ差しから前に出る炎鵬。右前まわしから出し投げの炎鵬、今度は東白龍の左おっつけを受け、もみ合いが続く中で両まわし引きつけた炎鵬が下手投げ。2分25秒。
炎鵬勝ち越し!3敗守る!肩で息をする死闘の両者。
明日の炎鵬、豪ノ山。

3連勝で勝ち越し、優勝戦線に加わってきた北青鵬は、武将山との一番。
立ち合いぶちかます武将山、北青鵬、早くも右上手を掴み土俵中央へ。20㎝近い身長差もあってか棒立ちぎみの北青鵬。その姿はまるで大人と子供。その右上手「だけ」で投げを打ち、最後寄り切り、北青鵬。「棒立ち」「懐おばけ」などネット上でも話題をさらってたようだ。
北青鵬、12日目は東白龍と対決する。

もう一人の3敗力士、鳴戸部屋の部屋頭・欧勝馬、今日は大翔鵬との11日目。
大翔鵬左上手。右差しを左おっつけ欧勝馬、頭を付けて1枚回しだった右下手をしっかり引き、寄り切り欧勝馬。
明日の対戦相手は優勝争い単独トップの天空海。

11日目に異変あり。
2敗 天空海
3敗 剣翔・北青鵬・炎鵬・欧勝馬
と、4人が追う展開になっている。

定番土産をどうぞ↓↓↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言