目まぐるしく変わる優勝争い!正代、大関陥落など・13日目

 横綱不在、2大関のうちの1大関がパッとしない。
佳境に入った九州場所も13日目。毎日が星の潰し合い、サバイバルである。

13日目のドラマをお伝えする。

まずは2敗でトップの一人、関脇豊昇龍は大関貴景勝との一番。
貴景勝、突っ張るいなす。
豊昇龍、右に叩く引くいなすところを貴景勝押し出し!
豊昇龍3敗!貴景勝は、大関の意地見せる!
勝った貴景勝、明日は王鵬。負けた豊昇龍、明日は阿炎と。

髙安‐王鵬の2敗同士の激突は
かちあげから突き押し、左下手に右上手引く髙安、引きつけた反動で上手投げ、髙安の勝ち! 髙安、意地と経験を見せた!
明日の14日目は、対戦相手・輝と発表されている髙安。

輝‐阿炎の3敗同士の対決。
もろ手突きからの回転のいい突っ張りで阿炎の勝ち。
輝、為す術なく4敗。
輝の明日は髙安と。波乱を起こせるか!

7敗と後がない「大関」正代、先場所優勝の玉鷲との一番。
のど輪のど輪の玉鷲、右にいなす正代、最後ものど輪で玉鷲が押し出して勝ち。
正代、13場所守った大関から陥落が決まった。
仮に来場所10勝以上上げれば、1場所で大関復帰となるが、果たしてどうなるか⁉

2桁勝利叶わなかった関脇若隆景、今日は4敗で奮闘中の錦富士。
両者、突いて出る立ち合い。右上手若隆景、そのまま寄り切り。
若隆景、7勝6敗。錦富士3連敗で8勝5敗。

13日目を終わった九州場所
2敗 髙安
3敗 貴景勝・豊昇龍・阿炎・玉鷲
と、髙安が単独トップに立った。

~これより十両~

3敗同士の激突となった剣翔‐欧勝馬
当たってすぐに叩いてしまった剣翔、欧勝馬に簡単に付け込まれてしまった。
突き出して欧勝馬。 明日は炎鵬。剣翔は魁勝と。

同じく3敗の天空海は、新十両・狼雅との一戦。
狼雅、左前回し掴む。迷うことなく一気に勝負を決めた。
狼雅、優勝候補相手に会心の相撲!
天空海の明日は、十両12枚目で4勝9敗と負け越してる、幕内優勝経験者・徳勝龍。

8日目から5連勝と波に乗る北青鵬は、大翔鵬(追手風)との一番。
北青鵬、少し左に変わって左上手、最後までこの左上手がものをいい、寄り切って北青鵬。

十両の優勝争い
3敗 北青鵬・欧勝馬
4敗 剣翔・天空海・大奄美・炎鵬

元大関・朝乃山、九州場所最後の7番相撲。
今日は、西幕下10枚目の上戸(かみと)・立浪部屋と対戦。
朝乃山、右四つ左上手から寄り切り、万全の相撲!
令和四年九州場所の朝乃山、6勝1敗 勝ち越し5で今場所を終えた。

進め!朝乃山!!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言