早くも全勝力士消える異常事態、玉鷲・バースデー白星など、4日目

 結論を先に言うと、今日(4日目)終わった時点で、早くも全勝(4連勝)力士がいなくなりました。53年ぶりの屈辱的な日となった九州場所4日目をスポットで振り返る。

まずは、熱海富士の4日目。
頭から当たる熱海富士、すぐに左下手取る。隠岐の海が(出し投げっぽい)投げを打つも残す熱海富士。隠岐の海に対し、下から頭をつけながら極めて出てきめ出し、熱海富士。今日は辛抱して白星を勝ち取った。

先場所優勝の玉鷲は、小結大栄翔との一番。
立ち合い、右からいなす玉鷲。大栄翔も負けじと突き返し、左のど輪が伸びきったところで、また玉鷲のいなしが決まり、押し出して玉鷲。38歳の誕生日を見事白星で飾った。
おめでとう!

ここまで3連勝の翔猿は霧馬山戦。
当たったあと、すぐの左上手霧馬山。
翔猿は、昨日の霧馬山に対した翠富士のように、下に挟みつけられる形。
しばらく探り合いが続き、霧馬山の叩きつけるかのような上手ひねりが決まった。

大関への足固めになるか、九州場所。
大事な序盤戦が続く若隆景、今日の対戦相手はここまで3連敗の前頭筆頭の琴ノ若。
低い立ち合い、若隆景。左おっつけ・右差しの体勢作ったが、琴ノ若が右から引き落とし気味のかいなひねりが決まり、今場所の初日。若隆景2敗。立ち合いからの流れは悪くなかったように見えたが、琴ノ若のかいなひねりが見事に決まった。

若隆景の兄・若元春は佐田の海と対戦した。
若元春、突いて出ながらすぐの右下手・左上手、がっちり引きつけて万全の寄り切りで3勝1敗とした。

両大関敗れる。
正代は、逸ノ城に寄って出ようとしたところに、右上手を取られた。逸ノ城が岩の如く212㎏で寄ると、さしもの大関も為す術がなかった。
※因みに逸ノ城、出ないと思ってたNHKインタビューに答えてた(*_*;

貴景勝は、明生に当たってもろ手を突いたところで、自ら引き墓穴を掘った。俵が足にかかろうかという時に「しまった!」という表情を浮かべたが、時すでに遅し。2敗。

髙安、相手(豊昇龍)をよく見て、はたき込み。ただの叩きではではなく、地力と経験値、意気込みの違いを見せたような一番だった。
阿炎は、足を滑らせてしまい惜しい一番を落とした。阿武咲に押し倒され、初黒星。

~4日目の十両~

ここまで全勝の剣翔は、幕内でもお馴染み・千代丸との一番。
剣翔、左上手からの出し投げ、クルリと回る千代丸。最後はもろ差しからの寄り切りで4連勝!

もう一人の全勝、天空海は英乃海(翔猿の兄)と対戦。
右差しから、一気に出て寄り切り。電車道の相撲でこちらも全勝守る!

炎鵬は、大翔鵬相手に鮮やか足取り!見事、作戦が決まった。

新十両2人は、明暗を分けた。
狼雅は、貴健斗の執拗なのど輪に耐えに耐えたあとの逆襲の寄りで3勝目。
對馬洋は、豪ノ山のかちあげからの直ぐの寄り切りで敗れた。物言いがついたが、軍配が変わることはなかった。

朝乃山の3番相撲の対戦相手が高田川部屋の白鷹山(はくようざん)と発表になった。

白鷹山 亨将 (はくようざん りょうすけ) 略式プロフィール
山形県出身の27歳
最高位は東十両3枚目
相撲経験なしで入門した中卒のたたき上げ
186㎝・162㎏の恵まれた体格を生かし、元大関に挑む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言