幕内・十両ともに、優勝争い混沌の12日目

終盤戦に入っている九州場所。
今日も星の潰し合い・ドラマがあった。
幕内から振り返る。

1敗で単独トップの豊昇龍、3敗で追う同期(初土俵同じの)王鵬との対戦。
立ち合い、右差しからの一気の寄りで勝負を決めにかかる豊昇龍だが、冷静な王鵬は豊昇龍をはたき込み。動じる様子(勝って)浮かれてる様子が全く感じられない王鵬、見事に豊昇龍撃破!明日は髙安戦。負けて2敗に後退の豊昇龍は貴景勝との一番になっている。

2敗で追う元大関・髙安、今日は竜電戦。
竜電左の前まわし、それを切る髙安がすぐさま引き落とし。
髙安2敗守り、明日は王鵬戦。

貴景勝は3敗同士で錦富士との一騎打ち。
突き押しとぶちかましを連発して、中に入らせない貴景勝が押し出し。
錦富士連敗で4敗目。

阿炎は若隆景に対して、立ち合い右に飛び、右上手からの上手投げ。
これも相撲半分、拍子抜け半分の気持ちでしたかね。
(確率的に)一場所に一回あるかないかの阿炎の注文相撲が炸裂した。
阿炎の13日目は輝と。二桁勝利の望み消えた若隆景は錦富士との一番を控える。

ノーマークと言っては大変失礼だが、6日目から(不戦勝を含む)6連勝の輝、12日目を迎えた今日の対戦相手は、西前頭筆頭・琴ノ若。
輝、右差しからの一気の押し出しで9勝目。

正代は霧馬山に寄り切りで敗れ、いよいよ剣が峰に立たされる7敗。
御嶽海、佐田の海を一気に押し出して、負け越し回避の5勝目。
熱海富士、幕内は甘くないか9敗目。十両陥落か。

12日目が終わった幕内
2敗 豊昇龍・髙安・王鵬
3敗 貴景勝・阿炎・輝

~十両も幕内同様、今日の土俵にも潰し合いがあった~

ここまで2敗で優勝争いトップに立つ天空海、3敗で追いかける欧勝馬と対戦。
立ち合い、突き合いから天空海が大きな張り手をブンと振り回す。
かわす欧勝馬、天空海を中に入れさせない。
欧勝馬、いなして回しを取り、送り出して欧勝馬。
天空海、3敗に後退。明日は新十両の狼雅と。欧勝馬は剣翔と対戦。

今日の北青鵬‐東白龍は、北青鵬が、3回あてがって最後押し出して決着をつけた。
恵まれた体格(リーチも長そう)を活かした押し相撲で勝ち3敗守る。

剣翔、豊山を押し出し3敗キープ。明日、欧勝馬との3敗対決。
炎鵬、豪ノ山にはたき込みで敗れ、4敗に後退。
新十両・狼雅は、左上手がっちりで魁勝を寄り切って、勝ち越しにリーチ。

12日目を終わった十両は
3敗 剣翔・天空海・欧勝馬
4敗 水戸龍・大奄美・炎鵬
となった。

朝乃山、今年最後の7番相撲が明日、13日目に組まれた。
対戦相手は、西幕下10枚目の上戸(かみと)・立浪部屋と発表された。
長崎県大村市出身の27歳。最高位は東幕下4枚目。
5勝1敗で迎える7番相撲。今年に入り、幕下15枚目以内に定着。
中京大学ラグビー部から相撲に転身した異色の力士が、朝乃山に挑む。

大鵬がよみがえる↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言