悲願の初優勝へ向けまた一歩前進、髙安・14日目

 九州場所も最終盤に差し掛かり、連日、火花を散らすような優勝争いが続いている。
今日も、それに絡む取組を中心にお伝えしたい。

2敗で単独トップの髙安、いよいよ見えてきた頂に向けて今日は輝との一番が組まれた。
かちあげから両者突き押し、輝、左に右にいなす。輝、逆襲の突っ張りに対し、髙安引きながら左に左に回り込み、はたき込んで髙安の勝ち。結果オーライだが、少し焦ったか。
千秋楽の髙安は阿炎。 悲願の初優勝なるか。

14日目の阿炎は豊昇龍と3敗同士の好取組。
豊昇龍左前回し、それを切る阿炎、もろ手で突いた直後の引き落としが決まり、豊昇龍バッタリ。豊昇龍3連敗で優勝争いから脱落。

3敗同士のもう一番、貴景勝‐王鵬
両者、頭で当たる。左からいなす貴景勝。押して押して貴景勝の勝ち!
貴景勝、10日目から5連勝で3敗守る。大関の意地見せる!
明日の千秋楽、若隆景戦。連敗で優勝の可能性が消えた王鵬は若隆景の兄・若元春と。

前大関・御嶽海は、大関陥落が決まった正代と結びの一番。
立ち合い、寄って一気に決めにかかる御嶽海。土俵際、のど輪かわして今度は正代が瞬く間に押し出し。 両者6勝8敗。

今場所盛り上げる新三役・翔猿は、碧山と突っ張り合い、右差し左上手の碧山を思い切って下手投げでねじ伏せて、翔猿の勝ち。最後まで諦めない姿勢に好感が持てる。

14日目を終えた幕内
2敗 髙安
3敗 貴景勝・阿炎
髙安、明日の本割りで勝てば、念願の初優勝となる。

~これより十両~

3敗で優勝争いを引っ張る欧勝馬は、4敗で追いかける炎鵬と。
頭で当たる両者。互いの動きを牽制する。欧勝馬、呼び込む形で炎鵬をはたき込み。
欧勝馬明日は大奄美と、炎鵬は千代丸との対戦。

もう一人の3敗力士、北青鵬は4敗の大奄美との一番。
大奄美左の上手、引きつけてそのまま寄り切り大奄美の勝ち。
4敗に後退した北青鵬、千秋楽は荒篤山と。

4敗の剣翔は、西10枚目・浅香山部屋、魁勝との対決。
魁勝左上手、剣翔、体を振ってこれを切る。両者がっぷり、体を入れ替え剣翔寄り切り。
4敗守った剣翔、明日は新十両の狼雅。

天空海は、4勝9敗と元気のない徳勝龍戦。
立ち合い一瞬の変化ではたき込み、天空海勝ち。
天空海の千秋楽、豪ノ山戦。幕内優勝経験者・徳勝龍の千秋楽は北の若戦がそれぞれ組まれている。

14日目を終えた十両の土俵は、
3敗 欧勝馬
4敗 剣翔・天空海・北青鵬・大奄美
となった。
優勝の栄光は誰の手に、ついに明日、千秋楽を迎える。

最後に

今度こそ、髙安!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語文字列規定値未満エラー時に表示される文言